クラスTシャツの作成と注文

クラスTシャツを作るとき

クラスTシャツを作るとき クラスTシャツとは学校などのクラス全員で揃えるTシャツのことで、クラスの団結の証として気持ちを共有したり他の学年・クラスにアピールすることを目的に作ることが一般的です。
例えば体育祭、クラスのスローガンや合言葉をプリントしたり、文化祭では催し物の宣伝内容を一目でわかるように表したり、担任の先生の似顔絵を胸元に入れたりと、他の学年、クラスとは一味も二味も違う世界で一枚のクラスTシャツを作ろうとアイデアを持ち寄るものでしょう。
色は、体育祭などではチームカラーを選ぶことが多いですが、その他の場合は様々でデザインはおそろいでも色違いをいくつか用意することもあります。
パッと見て同じクラスと分かるようにするためには同じ色の方が良いでしょう。
金額は業者によって、また印刷面の量や印刷に使用するカラーの種類などによって違いますし、また、Tシャツ持ち込みで印刷のみを請け負う業者とTシャツを指定する業者とでも異なるでしょう。
しかしながら予算は2000円から高くても3000円といったところが順当です。
イベントが終了すると着る機会のなくなるものではありますが、そのクラスTシャツを着るとその時のイベントの思い出が甦る青春の大切な記念品として一生残す人もいる大切なTシャツなのです。

クラスTシャツは期間の余裕を見て注文を

クラスTシャツのメリットとは自分たちのデザインしたオリジナルのTシャツを作成する事で団結力アップや場を盛り上げる要素にもなる他、使用後は記念品として使用できます。
多くはクラスTシャツの作成を扱う業者に依頼しますが、最短でも当日で納期が可能な場合もあります。
クラスTシャツを依頼するにあたってデザインを作成し、図案を業者に送る事で校正デザインや内容確認の書類を送信するのでお客様自身が再度確認してOKを出せば作成に入ります。
その期間は即日で可能ですが、イベントシーズン期には多くの依頼が届く事もあり、数日から1か月近くかかる事もあります。
クラスTシャツを作成するにあたってはクラスで話し合いをしてどういったTシャツを作るかデザインや予算について話し合いますが、デザインにおいては業者に希望を出せばある程度のサンプルを一部参考にして作る事も可能です。業者に依頼してから制作までは特に問題が無ければ最短で即日で対応してくれる所も多いでしょう。
依頼前に仕上がりのイメージをFAXやメールで確認する事が出来ますが、修正を考えると納期が延びたりするので、期間をみて余裕を持った依頼でより妥協のないTシャツが出来るでしょう。

「クラスTシャツ」に関するおすすめリンク

創業38年老舗のオリジナルウエアプリント専門店のサイト

クラスTシャツの作成